須賀川市のみどころ
奥の細道
可伸庵跡
須賀川の俳人・可伸の庵跡。
彼の慎ましい生活ぶりと人柄に心打たれ「世の人の見つけぬ花や軒の栗」と詠んだ芭蕉の句碑が残されています。
駐:無し
問:芭蕉記念館 0248-72-1212
十念寺
芭蕉が滞在中に参詣した浄土宗の寺院。
境内に残る「風流の初や奥の田植うた」の句は、白河の関を越えた感想を知人・等躬に尋ねられ詠んだといわれています。
駐:無し
問:十念寺 0248-73-2216



俳聖松尾芭蕉のゆかりの品がある
芭蕉記念館
元禄2年(1689年)、俳聖松尾芭蕉が「奥の細道」行脚の際、須賀川に7泊8日滞在しました。
芭蕉記念館は、平成元年に奥の細道紀行300年を記念し、芭蕉が参拝した岩瀬寺・八幡社跡の建てられ、芭蕉ゆかりの名書、掛け軸など貴重な品々を展示しています。
営:AM9:00~PM:5:00
  休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始
料:無料
駐:有り
問:芭蕉記念館 0248-72-1212
場:本町33番地1 (NTT須賀川ビル1階)
長松院
曹洞宗の寺院で、芭蕉が宿をとった知人・相楽等躬の善提寺。
境内には等躬の「あの辺はつく羽山哉炭けぶり」の句碑と墓所があります。
駐:有り
問:長松院 0248-73-2028
芹沢の滝跡
五月雨の丘陵地にある滝で、松尾芭蕉が「奥の細道」で須賀川に立ち寄った際に訪れたとされる由緒ある滝です。
駐:有り
問:須賀川市文化・スポーツ課 0248-88-9172

 

【須賀川市のみどころ】トップページへ戻る >
須賀川観光協会